ShippoNetイメージ
しっぽネットとは?しっぽネットとは?しっぽネットとは?しっぽネットとは?

 

しっぽネット西東京センター

 しっぽネット西東京センターは、「しっぽネット」システムで譲渡される保護犬の一時飼養と、東日本大震災での被災者が一日でも早く復興できるように被災犬を一時的にお預かりする救援サポートサービスに寄与するシェルター設備をもっています。

 また、センターには、飼い主と愛犬の幸せな生活を実現するための飼い主講習会をはじめとした各種セミナーや教室などを行なうサロンとして機能するスペースも設けられています。こちらでは、近隣の方たちにお集まりいただきながら、楽しいドッグライフの提案もしてまいります。

概要

運   営     特定非営利活動法人ワンワンパーティクラブ

運営協力     特定非営利活動法人社会動物環境整備協会

※緊急災害時動物救援本部の交付義援金を受けています。

センター所在地  〒183-0053 東京都府中市天神町3-8-11ボヌール天神1F西

お問合せ     『 しっぽネット西東京センター』 080-7051-8243(10:00~17:00)

※スタッフが常駐しておりますが、犬の散歩等により出払っている場合がございます。お越しになる際には事前にセンターまでご連絡ください。

サロンスペースの利用

ドッグカフェのような、個別のテーブル配置から、セミナー利用のための配置、そして愛犬を連れてしつけや様々な暮らしに関する教室を行なうことができます。

 

譲渡可能犬

①個別に会話を楽しめるドッグカフェ風

 

譲渡可能犬

②セミナーに便利なゆったりとしたスペース

 

譲渡可能犬

③様々な教室に利用しやすいオープンスペース

シェルタースペースの活用

シェルタースペースには、専用シャンプーシンクやトリミング台が用意されています。

また、ケアボランティアの方々の協力により、一時飼養施設として、預かり犬たちが快適な生活をおくれる設備が整っています。提携する獣医師による健康チェックや駆虫をはじめとした治療活動も行います。

譲渡可能犬

しっぽネット自動販売機

センターの外に設置された「しっぽネット」自動販売機では、伊藤園のご協力により1本購入するごとに3円が保護犬のために寄付されます。こちらで、お飲物を買ってサロンにおいでください。

譲渡可能犬

 

しっぽネット西東京センターボランティア募集について

 しっぽネット西東京センターの運営は、NPO法人社会動物環境整備協会の協力のもとに行なわれています。同協会は、犬の知識と飼い主さんの相談にのるノウハウをもったドッグライフカウンセラー(略称:DLC)を認定しており、当センターでもDLCを中心としてオペレーションが進められます。そのため、初めて犬関連のボランティアをなさる方でも安心して活動することができます。

 

*ボランティア活動に関するお問い合わせはこちら

しっぽネット西東京センター 080-7051-8243

ケアボランティア

保護犬や譲渡犬また、被災犬の一時預かり時に、犬のお世話を中心として活動していただくボランティアです。下記のようなお仕事をボランティアとして行なっていただきます。

 □犬の世話:お手入れ、散歩、ご飯をあげる、排尿排便の処理

 □センターの設備維持:消毒、掃除、備品の補充

搬送ボランティア

預かり先や譲渡先が決まったワンちゃんを預かりボランティアや新しい飼い主さんのもとにご自身の車で搬送していただくボランティアです。

*ガソリン代の支給はございませんが、高速料金等をお支払いできる場合がございます。

 詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

オペレーションスタッフ

センターには、ボランティアについての説明をはじめとして、スケジュールや業務管理を行なうスタッフがおります。こちらのスタッフも基本的に無償ボランティアで活動しております。

補助


ar shelter